Archives for —8月, 2020

名刺に載せる情報について

社会人の必須アイテムといえば、名刺です。

名刺はあなたの事を相手に知ってもらうためのツールとしてとても重要な物ですが

いざ新しく名刺を作るとなると一体どんな情報を取り入れればいいのか、悩むことは有りませんか?

そこで、ここでは新たに名刺を作る際に記載すべき情報、

また記載しておけば更に相手との距離が近づく情報をまとめました。

そして、名刺を作る際に気をつけるべき点も同時にご紹介いたします。

まずは、名刺を作るにおいて一番重要な情報は氏名になります。

漢字表記なども間違いのないように注意しましょう。

そして、会社名と法人名も重要です。

会社名は信頼性に直結するので、フリーランス業などの屋号がない場合でも正式名称を必ず記載し

相手に安心感を相手に持たせるようにしましょう。

所属部も細かく記載し、連絡をスムーズに取れるようにしておきます。

次に役職や肩書きですが、あなたの立場を示す大切な情報です。

相手へ与える印象を左右しますので丁寧に記載します。

なお、横書きの場合は氏名の左上に、縦書きは氏名の右上に記載します。

そして住所欄ですが、本社と自身が勤めている分店や事業所があれば両方記載しましょう。

郵便番号と都道府県から丁寧に記載し印象アップを狙います。

電話番号とメールアドレスも忘れずに。フリーランスなど外出が多い場合は携帯番号も記載しいつでも連絡が取れるようにしておきましょう。

会社のWEBサイトなどが有ればURLを記載、営業時間や定休日もビジネスチャンスを逃す事の無いようにしっかり記入します。

会社の情報を相手に開示することは名刺においてとても大切な役割です。

これらの情報を記載しておけば名刺としては十分機能を果たしますが、

更にインパクトがほしい、相手に興味を持たせたい等という時に役立つ情報もあります。

特に文字以外の情報を入れることで相手へのインパクトに繋がりやすいので

自身の似顔絵であったり、会社のロゴなどの画像を取り入れることが有効的です。

また、近年ではSNSなどのアカウントのQRコードやインスタグラムのアカウントを記載するのも

コミュニケーションの手段となりやすいので、おすすめです。

これらの情報を使って更に名刺のグレードアップを図りましょう。

そして、名刺の作成時に注意するべきポイントもご紹介します。

まずは、名刺に余白を取ることです。

名刺に情報が多いと文字で埋め尽くされ見づらくなってしまうので、

できるだけ簡潔にまとめて余白を取っておきます。

そして文字もできるだけ大きめに、相手に見やすいように配慮します。

また、読みにくい漢字が氏名や会社名にある場合はかならずふりがなをふっておきましょう。

名刺作成なら【名刺21】

© 2020 ウィスキーボンボン大好きなボンちゃんの日記 - Plus WordPress theme by Dynamic Guru